【初心者向け】株式投資(国内個別株)とFXの違いをわかりやすく解説

こんにちわ、ネオ(@InvestNeo)です

株式投資とFXのどちらを始めようか迷っている方も多いのではないでしょうか

また、既に投資を初めている人でも、株式投資とFXのどちらか一方だけをやっている方も多いのではないでしょうか

株式投資とFXのそれぞれに特徴があるので、それを正しく理解することで、自分に合った投資法を選んだり投資による収益源を分散させることができます

そこで、今回は株式投資(国内個別株)とFXの違いについて、分かりやすくまとめました

悩める太郎

・株式投資(国内個別株)とFXってどんな違いがあるの?
・それぞれどんな特徴があるの?

こんなお悩みを解決します


本記事の内容
 ・株式投資(国内個別株)とFXの特徴比較
 ・投資の難易度
 ・投資のリターンとリスク
 

本記事では、株式投資とFXの違いが気になる方向けに、まとめてみました

これらの内容を詳しく知りたい方は、最後までじっくり読んでみてください

株式投資(国内個別株)とFXの特徴比較

株式投資とFXの特徴を比較すると以下のようになります

株式投資
(国内個別株)
FX
投資対象株式通貨
投資対象数約4,000社約30通貨
1日あたりの取引高約3兆円約680兆円
取引時間帯平日
09時00分〜11時30分
12時30分〜15時00分
平日
24時間
リターンの源泉企業成長
値動き(デイトレの場合)
値動き
リターン
(キャピタルゲイン)
株価の変動
為替レートの変動
リターン
(インカムゲイン)
配当金
スワップ
リスク企業倒産
景気の悪化
ロスカット
レバレッジ最大3倍
※信用取引の場合
最大25倍

投資の難易度

投資の難易度に関して、それぞれ比較しましょう

株式投資

株式投資は、投資対象の上場企業は約4,000社もあります

また、企業によっても規模や成長フェーズ、業界によって値動きの特徴が全く異なってきますので、投資対象を4000社の中から選別するスキルが必要になってきます

  • 企業規模(大企業か、中小企業か)
  • 企業の成長フェーズ(成長企業か、成熟企業か)
  • 業界(製造業か、消費財か)



一般的な個人投資家と機関投資家では、持っている企業情報や業績関連情報の格差が大きいため、情報分析にはかなりのスキルが必要です

FX

FXは、投資対象の通貨の種類は最大30通貨程度です

ここから、さらに一般的な実需の取引でも使われるメジャー通貨に絞れば5通貨ペア程度になります

マイナー通過は、金利が高いことをウリにお勧めしているブログや企業も多いですが、経済規模が小さく不安定で、通貨の価値そのものが下落し続けているものもあるので、投資対象からは外しましょう

  • メジャー通貨:米ドル、ユーロ、円、ポンド、豪ドル
  • マイナー通過:ニュージーランドドル、カナダドル、人民元、南アフリカランド、トルコリラ



為替市場は、取引高が非常に大きく、流動性が圧倒的に大きいため、瞬時に情報が価格に折り込まれるため、情報格差はほぼありません

最初は始めやすいですが、資金管理の方法を知らないと、ポジションを持ちすぎてロスカットになったりする場合があるので注意が必要です

投資のリターンとリスク

投資のリターンとリスクに関して、それぞれ比較しましょう

株式投資

一般的には、企業の成長がリターンの源泉なります

(ただし、デイトレのような短期投資の場合は、株式投資であっても株価の値動きがリターンの源泉になります)

国内株式の平均リターンは平均で年間3%〜4%程度ですが、中には短期間で株価が10倍以上になるような株もありますので、銘柄選びによっては高いリターンが期待できます

また、当然のことながら企業業績は景気に大きく左右されるので、高いリターンが得られるかは景気循環に影響されます

 

リスクに関しては、競争力の大きく、コンプラインスがしっかりした企業の株式を買っている限り可能性は低いですが、不祥事によって株価が大幅に下落したり、最悪のケースでは倒産によって株式の価値が0になることもありえます

 

FX

一般的には、為替レートの値動きがリターンの源泉になります

為替レートの動きは、年間でも数円の幅なので、資金管理をしっかりした上でレバレッジを掛けながら増やしていくことになります

為替レートの値動きからリターンを得るため、景気の良し悪しにあまり左右されず常に利益を得ることができます

これは、FXのかなり大きな利点です

リスクに関しては、メジャー通貨を選択する限り、為替レートが一方的に下がり続けたり、通貨の価値が無くなることは0に近いです

ただし、レバレッジを大きくかけられるので資金管理の知識や技術をしっかり習得しないと大きく損失を被る必要があるので、事前にある程度の学習が必要です

資金管理とは、保有している資金に対して、どのくらいの通貨を購入するかや、利益確定と損切りの幅を決定することです


F1のレースに参戦して、速度の非常に早いレーシングカーを運転するのに高い運転技術が必要なのと同じように、レバレッジを大きく掛けられるFXにも高い資金管理能力が求められます


FXには様々な注文方式があるので、それらを駆使して、リスクを限定する必要があります

まとめ

今回は株式投資とFXの違いを中心にお話ししてきました

本記事の内容をまとめます

 
本記事の内容
 ・株式投資(国内個別株)とFXの特徴比較
 ・投資の難易度
 ・投資のリターンとリスク
 

今回は以上です。


FXの裁量取引に関するブログ記事一覧です

FXで積極的に利益を取って効率的に増やしていきたい場合は参考にしてください


FXを始めてみたいと思った方はこちらから口座開設ができます

新規口座開設キャンペーンでキャッシュバックも実施中で非常にお得ですよ


FXの自動売買(トラリピ)に関するブログ記事一覧です

FXは取引時間の8割はレンジ相場なので自動売買することで、最初の設定意外は一切手間がかからない現金収入が完成します

トラリピ に興味がある方は、マネースクエア社で口座開設することで始められます

にほんブログ村のランキングに参加中
応援クリックありがとうございます↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

Betmob|投資家ブログまとめメディア


シェアして頂けると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です